読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Design Thinkerのマルチリンガル子育て+プログラミングブログ

Design Thinking、語学(英語、中国語、韓国語)、日中マルチリンガル育児、littleBitsやRaspberry Pi, Arduinoを使ったExperience Prototypingネタ。

KDDI版iPhone4Sを海外で使う!−米国編(4)

さて、KDDIiPhone4Sでは海外でローミング先のオペレーター(キャリア)を選択できないことは、すでに米国編(1)で説明したとおりですが、その一方で、KDDIではSIMカードGSM携帯電話に挿してのローミングもサポートしています。あくまでも、任意のGSM携帯電話というのではなく、グローバルパスポート端末ということにはなります。

では、グローバルパスポート端末ではないのですが、KDDIiPhone4SマイクロSIMカードをGSM/UMTS版(W-CDMA版)のSIMフリーiPhoneで使うことが出来れば、ローミング先のオペレーターも指定でき、また、海外ダブル定額の恩恵も受けられそうな気がします(ただし、SIMフリー版のiPhone4Sであっても、CDMA携帯としては利用できないことに注意が必要です。あくまでもGSM/UMTS携帯としての利用になります)。アメリカであればAT&Tが海外ダブル定額の対象GSM/UMTSキャリアということになります(CDMAであれば言うまでもなくVerizon)。

残念ながら、SIMフリー版のiPhone4Sはまだ持っていないので、SIMフリー版のiPhone4にて検証してみました。

SIMフリー版のiPhone 4KDDI(au)のmicroSIMを挿入し、電源をONし、設定 > ネットワーク選択 でキャリアの選択を試みます。

キャリアの自動選択をオフにしようとすると、「ネットワークリストを読み込めません」エラーが出力されてしまいます。どうやっても回避できないので、青天井の恐怖を抑えつつ、左上に海外ダブル定額対象キャリア AT&T の文字が表示されているのを確認して、キャリアの自動選択をオンにしてしまいます。

設定 > 電話 でも自分の番号は不明となってしまっています。そもそもSIMカード上に自分の電話番号の情報が存在していないのでしょうか。さらに画面の下の方を見ると、一番下に謎の「Planet 3」というボタンが用意されています。

この「Planet 3」ボタンをクリックすると、Safariが起動し、mobile.three.com.hk の画面が表示されます。

ををっ、もしかしてKDDI(au)が提供している国際ローミングってぇのは、KDDIが自前で海外の各キャリアと構築しているわけではなくて、香港のハチソン・テレコム(3: Hutchison 3G)に丸投げなのか、と想像は膨らみます。ただし、画面には「Please access this page http://mobile.three.com.hk through 3G Mobile Network and Setting.」と表示されています。現在、データローミング設定は無効になっており、この画面のウェブサイト自体は(AT&Tの横のWiFiマークを見てもわかるように)WiFi経由の接続になっています。WiFiをオフにして3G経由で接続すれば、各種設定ができそうです。とはいうものの、KDDI(au)でGSM経由でネットワーク接続する際に、どのAPNを設定すればいいのかがわかりません(ググってみましたが、docomoSoftbankのAPN情報は出てきても、KDDI(au)のAPN情報は見当たりません)。

とりあえず、何を設定して良いものやら検討もつきませんが、設定 > ネットワーク > モバイルデータ通信 を見てみると、すでにネットワークから自動で取得された情報なのか、APNとして mobile.three.com.hk が設定されています。MMSC(MMSセンター)まで設定されているようです。

勝手に設定されたAPN情報を当てにして、データローミングをオンにした上で(WiFi接続をオフにして)、先ほどの「Planet 3」ボタンを押しなおしてみます。

残念ながら勝手に設定されたAPN情報ではデータローミングはできないようです。

気を取り直して、データローミングはできなくても、(音声ローミングだけでも)SMSは送信できるだろう、と試して見ましたが、あえなく玉砕です。

そもそも、すでに紹介したKDDIのサポートページでも、

GSM/UMTS圏内でのSMS(i)については、今後対応を予定しています。

http://cs119.kddi.com/faq/1032/app/servlet/qadoc?QID=008803

と明示的にダメ出しされているので、これは仕方がないことでしょう(受信についてはテストしていませんが)。

ということで、iPhone 4SのSIMをGSM/UMTS携帯に挿して海外で使ってみようテストはほとんど何一つうまくいくことなく終了です。

  • 残項目
    • 音声通話の発信・着信
    • SMSの受信(現時点ではおそらく無理)